キャリアアップ協会お問い合わせ先
Tel:
Fax :
073-402-1313
073-421-1113
E-mail : info@career-up-association.com

 

「登録販売者」とは・・・

薬事法の一部改正により2009年からスタートする、新しい資格制度です。

今まで医薬品の専門家は「薬剤師」でしたが、「登録販売者」は薬剤師とならび医薬品の専門家として、ドラッグストアや薬局などで働くことが見込まれています。

また異業種の新たな参入の例として、エステサロンでは以前からのサプリメント販売に加えて美容用の医薬品を、整骨院では漢方薬やコンドロイチン製剤など、関連する医薬品を登録販売者がいれば販売することができます。また独立開業も可能なので薬店開業の他、ネット販売や通信販売もできるでしょう。

薬剤師との違いは…

処方箋に基づく薬の調剤が出来るか出来ないか。

第1類医薬品が販売出来るか出来ないか

深夜営業していても夜間に薬剤師不足のため、医薬品の販売ができなかったドラッグストアでも登録販売者がいれば24時間医薬品を販売できます。

コンビニエンスストア、ホームセンターや他の一般小売業でも登録販売者がいれば医薬品販売が可能となります。また異業種の新たな参入の例として、エステサロンでは以前からのサプリメント販売に加えて美容用の医薬品を、整骨院では漢方薬やコンドロイチン製剤など、関連する医薬品を登録販売者がいれば販売することができます。

登録販売者のメリットは?

■薬剤師がいなくても薬の販売が出来る

■ドラッグストアや薬店等、さまざまな小売業への就職が有利

■個人に対する資格だから独立開業も可能に

■現場責任者、店長やエリアマネージャー等の責任ある立場で仕事が出来る

■収入に資格手当がプラスされる

■お客様から一目置かれるようになる


登録販売者 資格の魅力!

薬剤師は薬学部を卒業し、国家試験に合格してはじめて医薬品を販売できる薬剤師となるのですが、登録販売者の場合はドラッグストア等での実務経験があれば受験できるという点が最も注目されています。それに収入面では薬剤師に次ぐ医薬専門職となるので高水準が予想されます。しかし雇用者側に立てば薬剤師よりも人件費が抑えられるということで就職にも非常に有利な資格です。そしてなにより人の生命に関わる医薬品の販売は責任も大きいですが、やりがいも充分感じることのできる仕事となることでしょう。

■働く場

 

薬局

店舗販売(薬店)

薬剤師

登録販売者

×(注)

(注)薬局にて調剤はできませんが、第2・3類医薬品の販売はできます。

■販売できる一般用医薬品

 

第1類医薬品

第2類医薬品

第3類医薬品

薬剤師

登録販売者

×